INFO

お知らせ

和歌山市立博物館 12月の展覧会 

  • 市立博物館
SCROLL

和歌山市立博物館 

和歌山市立博物館は、天正13年(1585)に和歌山城が築城され、城下町和歌山が拓かれてから、ちょうど400年目にあたる1985年11月に開館した歴史系博物館です。和歌山市駅から徒歩約5分で、和歌山の歴史・文化遺産に関する興味深い展示が見られます。

■開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日  毎週月曜日、祝日の翌日(月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館) 12月29日~1月3日(年末年始)
■入館料  一般・大学生100円  高校生以下無料(※ただし、特別展期間中は別料金)
 ※和歌山市発行の老人優待利用券をお持ちの方は本人のみ無料。
 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護人は無料。
 ※団体(20人以上)は2割引

詳しくは ⇒ 和歌山市立博物館 ホームページ 

特別展「葛城修験の世界」 令和5年10月28日(土)~12月10日(日)

和歌山・大阪・奈良の府県境の葛城山系は、役行者とゆかりの深い修験の聖地です。令和2年に日本遺産に認定されたように、葛城修験に注目が集まっています。本展覧会では新資料も公開し、葛城修験の豊かな歴史を紹介します。

■展覧会名称  特別展「葛城修験の世界」
■会   期  令和5年10月28日(土)~12月10日(日)
■休 館 日  月曜日、11月24日(金)
■入 館 料  一般:500円  高校生以下:無料 (※特別展期間中)       

展示解説:11月4日(土)12月2日(土)各回とも14:00より1時間程度 定員30名程度(当日先着順・予約不要)

神変大菩薩像

特別展「葛城修験の世界」関連の講座が開催されます!

⓵11月11日(土)「古文書からみた葛城修験の歴史」講師 : 小橋勇介(当館学芸員)

⓶11月18日(土)「仏像から見る葛城修験―近年の調査成果から―」 講師 : 大河内智之氏(奈良大学准教授)

➂11月26日(日)「加太・中津川周辺の経塚と周辺遺跡」 講師 : 宮城泰年猊下(聖護院門跡門主)

■時  間 : 各回 14時~15時
■定  員 : 各回 80名(当日先着順・予約不要)

コーナー展示「紀の川南岸の古墳」令和5年10月3日(火)~12月3日(日)

紀ノ川南岸の古墳のうち小倉の明楽古墳群・奥山田古墳群、岩出市境の船戸山古墳群を紹介します。
近年、船戸山古墳群で、ヒスイ製の勾玉が発見されました。この勾玉は古墳の外で発見されたため、古墳に直接関係があるものかわかりませんが、ヒスイは新潟県でしか産出されないため、和歌山県で見つかるのは非常に珍しいです。

船戸山古墳群ヒスイ製勾玉(表採資料)

コーナー展示「幕末・明治の女流画家 川合小梅」令和5年12月5日(火)~令和6年1月28日(日)

川合小梅(1804~89)は、紀州藩の儒学者の家に生まれ、儒学者の夫を迎え、絵画や和歌を嗜み、そして長年にわたって日記を書き残した人物としてよく知られています。
幕末から明治時代にかけて綴られた彼女の日記は、当時の主婦の生活や社会情勢などを知ることができる資料として広く活用されています。
今回のコーナー展示では、和歌山市立博物館で近年受け入れた小梅作品を展示し、彼女の「画業」にスポットを当てます。

天神図

常設展 資料が語る和歌山の歴史

常設展として原始から戦後復興期に至る和歌山の歩みを6部門に分けて分かりやすく展示しています。

2か月ごとに一つのテーマを決めて資料を紹介する「コーナー展示」や、紀州徳川家に関する資料を展示する「紀州徳川家コーナー」もあります。

館内風景・展示(昔の馬具)

館内風景・展示(昔の民家と道具)

館内風景・展示(昔の広告・機器)

館内風景・展示(昭和家電)