INFO

お知らせ

和歌山市立博物館 1 月の展覧会 

  • 市立博物館
SCROLL

和歌山市立博物館 

和歌山市立博物館は、天正13年(1585)に和歌山城が築城され、城下町和歌山が拓かれてから、ちょうど400年目にあたる1985年11月に開館した歴史系博物館です。和歌山市駅から徒歩約5分で、和歌山の歴史・文化遺産に関する興味深い展示が見られます。

■開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日  毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)   12月29日~1月3日(年末年始)
■入館料  一般・大学生100円  高校生以下無料(※ただし、特別展期間中は別料金)
 ※和歌山市発行の老人優待利用券をお持ちの方は無料。
 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方及びその介護人は無料。

詳しくは ⇒ 和歌山市立博物館 ホームページ 

企画展「歴史を語る道具たち」令和4年1月12日(水)~ 2 月27日(日)

和歌山市立博物館には、市民のみなさまからいただいた昔の生活道具や農具がたくさんあります。企画展では、こうした道具を「くらしの道具」、「遊びと勉強」、「あかりの道具」、「食事の道具」、「はかる道具」、「あたたまる道具」、「米作りの道具」の7つに分けて展示し、昔の道具に込められた人々の生活の知恵や工夫をさぐります。

氷を入れて冷やす冷蔵庫

ゼンマイ式蓄音機

コーナー展示「古文書からみた葛城修験」 令和4年1月12日(水)~3月27日(日)

和歌山・大阪・奈良の三府県にまたがる葛城山系で修行する葛城修験、和歌山市加太と友ヶ島はその出発地点となっています。コーナー展示では、本館収蔵の古文書をもとに、友ヶ島を中心に葛城修験の歴史を紹介します。

修行する葛城修験

コーナー展示「なつかしの市電」― 令和4年1月10日(月・祝)まで ―

コーナー展示「なつかしの市電」は、2022年1月10日(月・祝)までの展示になります。

かつて和歌山の街中を走っていた路面電車。廃止前の正式名称は南海電気鉄道和歌山軌道線と言いますが、和歌山市民には「市電」と呼ばれていました。明治42年に開業し、昭和46年に廃止されるまで市民らの足として親しまれました。今回の展示では、それらのなつかしい写真やダイヤグラム、記念乗車券などの関係資料を展示します。

昭和46年廃線前に、お別れ電車として装飾された車両

お城をバックに真砂町を走る市電

さようなら和歌山軌道線の記念乗車券